--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/17

1月17日、この日は忘れない

阪神淡路大震災が起きて19年が経ちました。
19年前のこの日のことは鮮明に覚えています。
神戸生まれ、神戸育ちの母さんにとって、あの震災は忘れられない、忘れてはいけない大事な日でもあります。
今日も神戸の方角に向かって、手を合わせました。

いつ起こるか分からない天災に、この子達は必ず守ってあげると強く思う母さんでもあります。

S&C140116

この小さな幸せが、いつまでも続きますように。



去年、ペットどうぶつの災害対策の話を聞く機会がありました。
何度も聞いたり、備えもしているかもしれませんが、
もし良ければご一読ください。

動物のための備蓄品の用意    環境省発行のものより

優先順位 1・・・命や健康にかかわるもの

  *療法食、薬
  *フード、水 (5日分)
  *予備の首輪、リード (伸びない物)
  *食器
  *ガムテープ (ゲージの補修など他用途に使用可能)

優先順位 2・・・飼い主や動物の情報

  *飼い主の連絡先
  *動物の写真
  *ワクチン接種状況
  *既往症・健康状態
  *かかりつけの動物病院  

優先順位 3・・・ペット用品

  *ペットシーツ
  *排泄物の処理用品
  *トイレ用品 
  *タオル、ブラシ
  *おもちゃ
  *洗濯ネット (猫の場合)

これは要らないでしょう・・・と思う物がありますが、あくまでも参考です。


いろいろな話の中でへぇ~と思ったのは、もしシェルターに入ることがあれば、ワクチンを打ってからだそうです。
逆を言えばワクチンを打った証明があれば、シェルターに入れるということです。

また、動物にとって最大のストレスは飼い主と離れることです。
クレートに入っておとなしく出来れば、車でも、テントでも、所によっては避難所でも飼い主と一緒にいることがOKなので、クレートに慣れさせておくと良いという話でした。

迷子札を着けることはもちろんですが、マイクロチップを入れておくと、どんな形でも戻ってくるという話もありました。


特に印象に残った話は・・・
飼い主は自分の命を守ること。
自分の動物を守るためには、まず自分を守ってからです!!



母さんは偉そうなことは言えませんが、参考になればと思って書いてみました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

そうでした、母さんさんは神戸の方でしたね、もう19年も経つ
んだねって、Poohとも話しておりました、

災害時の対策情報、参考にさせていただきます。

ウチは先日の震災で 避難所にペットが受け入れてもらえないって
ニュースを見て 車をワゴンに変えたんです、
避難する時は、家族みんな一緒ですよね。

No title

早いものですね、あの大地震から19年も経つのですね。
被災した方々には、心からお見舞いを申し上げると同時に、
凄いパワーを感じさせて貰ってます。
東日本大震災に見舞われた方々にも、同じ思いです。

災害の時のお知らせ、大変為になりました。
うちも、ちゃんと準備をしておかないといけないって思います。

ソフィアもチェルシィも、元気いっぱいでなによりです。一緒に走ってる姿は、微笑ましく思います。
犬の元気な姿をみると、自分まで楽しくなります
本当に、この小さな、イヤイヤ大きな幸せが、いつまでも続いて欲しいです。

No title

阪神淡路大震災は、東日本大震災の経験後も
なぜか鮮明にニュースの映像が脳裏に焼きついています。
私も昨日、そちらの方角に手を合わせました。
自分を守らないと愛するものを守れない、、その通りですねぇ。

Alexさんへ

この話を聞いた時に、ペットは入れない所が多いが、
クレートに慣れているペットや吠えないペットは受け入れてもらえた
という話もありました。

あと、常日頃の人間関係を上手くやっておくとか・・・

多分家も避難所には行かないと思いますが、
クレートトレーニングはいろいろな場所で役立つので、
慣れさせておくと、悪いことはないみたいですね。

災害なんて、ないことが一番ですね。

キャリス&ミュウさんへ

皆さんいろいろな想いで、この日を迎えたことでしょうね。
19年も経つと、どうしても記憶が薄れていくので、
忘れてはいけないと思います。

母さんの車にはいつも避難グッズが載っているんですよ。
クレートも2つ。
だから重たくて仕方ない(*^_^*)
でも仕舞い込んでしまったら、なんの役にもたたないしね(^_-)-☆

そらママさんへ

よく報道される煙が何本も立ちあがっている写真がありますが、
あの煙の1本は実家が焼けている煙かなぁと思います。

幸い親戚は誰も怪我をしませんでした。


ペットに関しては、備えあれば憂いなし!です(*^_^*)

おはようございます♪

本当に備えあれば憂いなし。ですよね。
いつもやっとかなくちゃ。と思いつつ用意したのは
階段に大きなリュックにお水が1本。^^;ダメデスネ…。
私も地震が来る時は家族皆一緒の時でありますようにと
神様にお願いしたりしています。
会社に居てはちび達を守れませんから…。

母さんの備蓄品MEMOプリントして早速準備したいと思いますv-220
大切な大切な家族のために…。

No title

おっしゃる通りです。そのためにマイクロチップを
ミミにも入れました。

神戸生まれなのですか。震災の時は有志で被災されたお家に
バイク便で物資を届けてもらったりしていました。
全壊、半壊したお家の方、怪我をされた方 会社内にも
多かったです。取引先には亡くなった方も。
精神的な立ち直りが遅かった方もいらっしゃいます。
これを機に我が家の非常袋もチェックしようと思いました。
記事ありがとうございます。

No title

ひどい地震でしたねー。あれからもう19年。
当時私は主人の転勤で岡山に住んでいましたが、
揺れました。食器棚を押さえに行きましたから。

地震だけは逃げようがないですからね。
日ごろから災害に備えていないといけませんね。




Poohママさんへ

返事が遅くなってごめんなさい・・・いつものことか・・・

私はお水だけは確保しています。
2リットルのペットボトルが18本!
犬用には3kgのフードの新しいのは必ず置いてあります。

何にもないといいですけどね。
自然だけは太刀打ちできませんね。


お世話係さんへ

返事が遅くなってごめんなさい。

ブログでミミちゃんにマイクロチップを入れたの拝見していました。
実はチェルシィはまだなのですよ。
避妊手術をした後、迎えに行った時にお願いしたら、
もう麻酔が覚めてるから、ダメって言われて・・・・
そのままになっています。
3月までには入れてもらおう!!

2匹とも細い首輪タイプの迷子札?はつけていますけどね。

地震の時は横浜に住んでいたので、私は被災していませんが、
両親、兄姉家族はみんな神戸でした。
実家が全焼したのはショックでしたが、
誰も怪我をしなかったので、ラッキーだったと思っています。

O次郎のおかかさんへ

返事が遅くなってごめんなさい。

おかかが地震にあってなくて、よかった~。

知り合いが大変な想いをしたと思うと、気が重くなりますからね。


地震に備えてではないですが、物を少なくしていこうと思っている今日この頃です・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。