2017/07/25

その後

ソフィアは、あれから元気にしています!
朝は食欲がなく、日によっては、ボーッとしていることもありますが、暑さに負けず頑張っています。

そして仮住まいに引っ越しました。
写真を撮ってる余裕などありません 笑。

仮住まいは迷路のような古い家を、格安で貸してもらえました。
犬3匹を連れてなので、貸してもらえるだけで感謝です。

ただ・・・
何が出て来てもおかしくないかなー

今晩、早速会いたくない奴が台所におりました。
料理はしばらく拒否したい母さんです。

そうそう、3匹の反応は・・・
ソフィアは電気屋さんとか人が出入りするので、昼間は不安げですが、本来母さんさえそばに居れば大丈夫な子なので、夜になると落ち着いています。

チェルシィは、不満げで前の家に帰りたがっていましたが、家族が一緒にいることで状況を理解した様子。
こういう時、この子の賢さに感心します。

訳の分からないシェリィは、食欲が落ちています。

引っ越しはしたものの、暑さにフラフラ、片付けがいっぱい残ってストレスの固まりになっている母さんでした。
スポンサーサイト
2017/07/10

老いの覚悟

暑い~
という言葉しかでてこない日が続いていますね。


昨日でソフィアが15歳7ヶ月を迎えました。
本来ならば、ヤッター!
と喜びたいところですが・・・・・・

昨日の午前中 ソフィアは立っていられなくなって フラフラし始めました。
母さんが抱きかかえると、すぐに治まりホッとしました。

しかし、夜の8時15分頃、また脚をバタつかせてフラフラし始めると、
ケイレン発作を起こしてしまいました。
多分5分くらいのケイレン。
初めての発作にしては、決して短くはありません。

ヴィヴィアンの てんかんの発作を何度も経験していたので、
あわてふためく事はありませんでしたが、
なかなか終わらないケイレンに、
病院に連れて行こうか~
このまま逝ってしまうのか~
という考えが頭の中を、グルグルしていました。

失禁はなく、痙攣が治まると徘徊が始まって
1時間くらい 家の中を最初はふらつきながら、ウロウロしていました。
その後落ち着いて寝るまで3時間くらいかかったでしょうか。

今朝は普通に食べて散歩に行きましたが、
カートの中でをしてしまって、やはり体調は悪い様子。


朝一番に病院に連れて行こうか悩みました。

痙攣発作で一番怖いのは発作が止まらないこと。
だけど治まっているし、脳に異常があってもMRIなどで調べなくては分らないこと。
歳をとってから、ソフィアは車が嫌いになり、病院の待ち時間でもストレスを与えたくないこと。

今までなら、すぐに病院に連れて行きました。
だけど、必ずしもそれがソフィアにとって良い方法ではないと判断したので、
病院には連れて行きません。
美味しい物を食べさせて、普段通りの生活を送らせようと思います。

そう遠くないお別れの時間まで。
   ・・・・こう書いたことが、後で笑い話になることを願いながら。

      
     sophia170710

PCの横で熟睡中のソフィア。


     sophia170710

生きている最後の写真になるかも・・・・笑
と、あわてて撮った昨夜徘徊中のソフィア。