2018/02/05

後悔はないはずなのに・・・・

ブログもずっと書いてないし、読んでなかったし、
高齢になってからは、連れて出かけることもなかったのに、
ソフィアは、たくさんの花に囲まれています。
御厚意ありがとうございます。

          sophia180202


散歩で知り合った犬友達、可愛がってくれた方々に訃報を伝えると、
涙を流して惜しんでいただけたことが
カートに乗って2年半ほど、一緒に散歩に出かけ頑張っていたソフィアへのはなむけのようで、
何よりもありがたかったです。



最初の発作が起きた後、
家の建て替えで仮住まいへの引っ越しがあったのですが、
チェルシィのフライボールはチームを抜けてほぼ引退状態にして
ダンスも事情を話して練習を休ませてもらっていました。

ソフィアだけ残して練習に行くのは、気が咎めて仕方なかったので、
この半年は雨の日の散歩以外は、一匹になることはなく、
寂しい思いをさせなくて、本当に良かったと思っています。

もう時間のないソフィアの為に、
後悔することがないようにと思っていましたが、
新しい家と庭で一緒に写真を撮らなかった事が残念でたまりません。


16歳の誕生日の日は新しい家に引っ越した日でした。

        S&C171209

     
        s、c&c171209


        S&C171209

             
        sophia171209


引っ越しの荷物が入る前に3匹で走り回って喜んでくれました。
ソフィアの為にと考えていたことが、
もう少し続いていたらと、残念です。










スポンサーサイト
2018/01/25

空へ

1月20日
ソフィアは、家族みんなに見送られて空へ旅立って行きました。

そして やっぱり この日も
雲一つない青空だった。

20180120







チェルシィとシェリィもお別れしました。

20180120C&C



亡くなる前の日に届いたのは、JKCからの表彰状。

          20180117

JKCの会報にも写真を載せてもらえました。
小さいことだけど、15歳を目標にしていた母さんには
とても嬉しいことでした。
母さんの夢を叶えてくれて、
ソフィア、本当にありがとう。




2018/01/20

365日×16年+40 日=5880日

散歩から帰って、ソフィアの脚を洗った後で空を見上げる時、
いつも雲一つない青空が広がっていた。

この子といつまでも一緒にいられますように!
と何度ギュッと抱きしめただろう。

いつも母さんを見上げて
振り向けば必ず後ろについてきていた。

16年と1ヶ月と9日。
5880日。
一緒にいるのが当たり前で、
いなくなってしまったら、なんだか息をするのが苦しい。

誇り高いソフィア。
最後まで、本当に美しい子だった。
ソフィアに手がかかった時間を
明日からどう使っていいのか、途方にくれてしまう。

1月18日
ソフィアは旅立って行きました。
ソフィアを応援してくれた方々、ありがとうございました。


sophia171208



S,C,&C171209



sophia171005






2017/07/25

その後

ソフィアは、あれから元気にしています!
朝は食欲がなく、日によっては、ボーッとしていることもありますが、暑さに負けず頑張っています。

そして仮住まいに引っ越しました。
写真を撮ってる余裕などありません 笑。

仮住まいは迷路のような古い家を、格安で貸してもらえました。
犬3匹を連れてなので、貸してもらえるだけで感謝です。

ただ・・・
何が出て来てもおかしくないかなー

今晩、早速会いたくない奴が台所におりました。
料理はしばらく拒否したい母さんです。

そうそう、3匹の反応は・・・
ソフィアは電気屋さんとか人が出入りするので、昼間は不安げですが、本来母さんさえそばに居れば大丈夫な子なので、夜になると落ち着いています。

チェルシィは、不満げで前の家に帰りたがっていましたが、家族が一緒にいることで状況を理解した様子。
こういう時、この子の賢さに感心します。

訳の分からないシェリィは、食欲が落ちています。

引っ越しはしたものの、暑さにフラフラ、片付けがいっぱい残ってストレスの固まりになっている母さんでした。
2017/07/10

老いの覚悟

暑い~
という言葉しかでてこない日が続いていますね。


昨日でソフィアが15歳7ヶ月を迎えました。
本来ならば、ヤッター!
と喜びたいところですが・・・・・・

昨日の午前中 ソフィアは立っていられなくなって フラフラし始めました。
母さんが抱きかかえると、すぐに治まりホッとしました。

しかし、夜の8時15分頃、また脚をバタつかせてフラフラし始めると、
ケイレン発作を起こしてしまいました。
多分5分くらいのケイレン。
初めての発作にしては、決して短くはありません。

ヴィヴィアンの てんかんの発作を何度も経験していたので、
あわてふためく事はありませんでしたが、
なかなか終わらないケイレンに、
病院に連れて行こうか~
このまま逝ってしまうのか~
という考えが頭の中を、グルグルしていました。

失禁はなく、痙攣が治まると徘徊が始まって
1時間くらい 家の中を最初はふらつきながら、ウロウロしていました。
その後落ち着いて寝るまで3時間くらいかかったでしょうか。

今朝は普通に食べて散歩に行きましたが、
カートの中でをしてしまって、やはり体調は悪い様子。


朝一番に病院に連れて行こうか悩みました。

痙攣発作で一番怖いのは発作が止まらないこと。
だけど治まっているし、脳に異常があってもMRIなどで調べなくては分らないこと。
歳をとってから、ソフィアは車が嫌いになり、病院の待ち時間でもストレスを与えたくないこと。

今までなら、すぐに病院に連れて行きました。
だけど、必ずしもそれがソフィアにとって良い方法ではないと判断したので、
病院には連れて行きません。
美味しい物を食べさせて、普段通りの生活を送らせようと思います。

そう遠くないお別れの時間まで。
   ・・・・こう書いたことが、後で笑い話になることを願いながら。

      
     sophia170710

PCの横で熟睡中のソフィア。


     sophia170710

生きている最後の写真になるかも・・・・笑
と、あわてて撮った昨夜徘徊中のソフィア。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。